カジノ法案では、入場料が6000円程度に設定をされたという事が記憶に新しいと思いますが、もし、それがしっかり通って運用をされていくとして、オンラインカジノがあるのに、わざわざ入場をしてカジノをする人っているでしょうか?

オンラインカジノがあるという事を知らない人や、一度くらいは日本版カジノで遊んでみようという事で入場をする人はいるでしょうか、大多数がオンラインカジノに流れるでしょうね。

オンラインカジノには入場料なんてものはありませんからね。

 

確かに、本物のカジノディーラーとバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのカジノゲームをプレイをする事は、カジノらしいカジノなので、一定数は定着をすると思うのですが、「日本人ディーラー」ってカジノゲームで遊ぶ側としては、あまりグッとこない層もかなりいるのですよね。

中国系、韓国系、というかアジア系カジノディーラーなら雰囲気とか感覚で同じなのでは?と思うかもしれませんが、いえいえ、異なります。

感覚的には、とにかく外国人のカジノディーラーが日本人のカジノ好きにはグッとくるのです。

日本語で運用をされるテーブルというのは正直なところカジノ好きにはあまり魅力的に見えないかもしれません。個人的にはアジア系のカジノディーラーが好きですが、日本人カジノディーラーが日本語で運用をするカジノテーブルでプレイをしたいとは思わないのですよ。

 

なので、その点でも、結局のところカジノディーラーとプレイをするカジノゲームも24時間いつでもプレイをする事が出来るオンラインカジノで楽しむ人が増加をする事は当然と言えば当然でしょう。

やはり、どこからどのように考えても、日本版カジノが上手くいくというのは、かなり期待が薄いのではないかと思うわけです。

今の法案の内容だと、ハイローラーを呼ぶという事がかなり困難な内容にもなっていますしね。

案外とオンラインカジノのプレイヤーとしては、カジノ法案を生暖かい目で見ているか、若しくは、それで利益が出るという事に対してはかなり期待が薄いと見ている人が多いと思いますよ。

 

一足先に、本物のカジノディーラーとカジノゲームをプレイをしたいという方は、この機会にオンラインカジノを楽しんでみて下さい。オンラインカジノも、本物のカジノと全く同じものですからね。

キラキラ女子的なカジノディーラーとライブバカラならQUEENCASINO