オンラインカジノは政府発行のオンラインカジノ運営ライセンスを元にしていると言うけれども、なんとなくピンとこないという方も実に多くいると思います。

大きく広報されたりする内容ではありませんから、それがピンとこなくても当然かと思います。オンラインカジノの運営ライセンスは口だけにものではないのか?と思っている方も大勢いるのではないかと思います。

でも、オンラインカジノの政府発行の運営ライセンスは本当に存在をしていますし、オンラインカジノの運営ライセンス発行国にとっては、そのライセンス主な税金源であったりするのも事実です。

少しばから分りづらいオンラインカジノの運営ライセンスを発行している国の事を詳細に分りやすく解説をしていきたいと思います。

 

オンラインカジノは英国と深い関わりがある

オンラインカジノは英国と深い関わりがあります。オンラインカジノの発行国を見てもそれは一目瞭然です。オンラインカジノの運営ライセンスを発行している国はメジャーなところでも結構な数があります。

そのメジャ-と言われているオンラインカジノの運営ライセンスの発行国の君主の項目を見て下さい。そこにはエリザベス2世の名が連なります。

また、オンラインカジノの運営ライセンスの発行国の多くはタックスヘイブンにあり、オンラインカジノなどでお馴染みの金融機関などの多くもイギリス連邦加盟国などの国々にある事が非常に多いです。

イギリスはあまり経済的な事、国際関係などの事で多く話題に出るという印象はありませんが、普段利用をしている金融機関、サービスなどの根幹部分で深く関わっているという事が分ります。

 

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

ライセンス発行開始:2006年

UK公式サイト→こちら

本国(首都) ロンドン
君主(女王) エリザベス2世
総督
首相 テリーザ・メイ

UKライセンス取得オンラインカジノ

ロイヤルベガス(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

ジャックポットシティー(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

 

 

ジブラルタル(Gibraltar)

ジブラルタル オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1998年

ジブラルタル公式サイト→こちら

 

本国 イギリス
君主 エリザベス2世
総督 エド・デイヴィス
首相 フェビアン・ピカルド

ジブラルタルライセンス取得オンラインカジノ

当サイト ウィリアムヒルカジノクラブ→こちら

32Redカジノ(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

 

 

アンティグア(Antigua & Barbuda)

logo

ライセンス発行開始:1994年 世界初のオンラインカジノ運営ライセンスを発行

アンディグア公式サイト→こちら

 

オンラインカジノの運営ライセンスの発行を最も早くはじめたのがアンティグアです。

当サイト、アンティグアの記事→こちら

本国(首都) セントジョンズ
君主(女王) エリザベス2世
総督 ロドニー・ウィリアムズ
首相 ガストン・ブラウン

 

 

マルタ(Malta)

オンラインカジノ マルタ ライセンス

ライセンス発行開始:2000年

マルタ公式サイト→こちら

本国(首都) バレッタ
大統領 マリールイーズ・コレイロ・プレカ
総督
首相 ジョゼフ・ムスカット

マルタライセンス取得のオンラインカジノ

当サイト掲載 ベラジョンカジノ→こちら

インターカジノ(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

カジ旅(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

 

 

マン島(Isle of Man)

マン島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:2001年

マン島公式サイト→こちら

 

本国(首都) ダグラス
君主(領主) エリザベス2世
副総統 リチャード・ゴズニー
主席大臣 アラン・ベル

マン島のオンラインカジノ運営ライセンス取得オンラインカジノ

138com(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

 

 

オルダニー島(Alderney)

オルダニー島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1999年

オルダニー島公式サイト→こちら

 

本国(首都) セント・アン
君主(公爵) エリザベス女王
政府の長 Stuart Trought
立法府 States of Alderney

 

 

 

イギリス系の政府発行のオンラインカジノの運営ライセンスは非常に信頼性の高く取得も困難な運営ライセンスとなっており、安心してオンラインカジノを楽しめる環境を提供している事でオンラインカジノ業界では絶大な信頼を誇っています。

また近年では、イギリス系のオンラインカジノ運営ライセンスだけではなく、他のオンラインカジノの運営ライセンス発行国も見られるようになってきています。

 

まめ知識情報 知的好奇心を刺激してくれるオンラインカジノ運営ライセンスのトピック

タックスヘイブンの関係とイギリスが歴史的に作り上げてきた資本主義経済などの事を前提知識として、オンラインカジノの運営ライセンスの事を調べていくと大変に興味深い事が分ってきます。ここでは割愛をさせて頂きますが、タックスヘイブンの関連、パナマ文書の関連などで非常に興味深く面白い構造をしているので知的好奇心までもを刺激をしれくれます。

経済的、ビジネス的、歴史的な資本主義経済、現代の資本主義経済のグローバル構造などを観察をするのにも最適なトピックであるのがオンラインカジノの運営ライセンスとイギリスの関係です。

 

 

アジア系のオンラインカジノ運営ライセンス

フィリピンファーストカガヤン

ファーストカガヤン オンラインカジノ運営ライセンスファーストカガヤンのライセンスは、信頼性が高いとも低いとも言えません。
アジア圏で展開をするオンラインカジノ運営者はアジア圏の合法的なオンラインカジノの運営にフィリピンファーストカガヤンのオンラインカジノ運営ライセンスを取得をする事が多いです。

人気オンラインカジノの多くもフィリピンファーストカガヤンで取得をしているオンラインカジノサイトはたくさんあります。

 

ファーストカガヤンライセンスを取得している信頼性の高い人気オンラインカジノ

当サイト掲載 エンパイア777→こちら

当サイト掲載 W88→こちら

 

777baby(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

カジノジャンボリー(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

138com(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

 

オンラインカジノの運営ライセンスの発行国の共通点

オンラインカジノの運営ライセンスの発行国には共通点があります。税率が低く、また小国が殆どです。

オンラインカジノの運営は国境を越えてグローバルに展開をする事が出来るという点もあり、やはり企業はオンラインカジノで最も運営に有利な場所、つまりは税率が低い国を本拠地として展開をするのは経営の合理化、利益の最大化のためには大変に重要な点です。

また、タックスヘイブンと言われる小国が多いのは、その小国が税収を確保するために企業に魅力的な税率を打ち出す事で、企業の誘致に成功をしているという事があるからです。

タックスヘイブンと言うと現在ではあまりイメージが良くないかもしれませんが、タックスヘイブンが良くないという事では全くありません。タックスヘイブンの利用自体は合法的に行うものであり、多くの企業がそれを利用をして合法的に利益の最大化を図っていますし、現金をより多くのこし企業運営をしていくために重要なものにもなっています。

 

まとめ

オンラインカジノの運営ライセンスの発行国は、資本主義の発展の歴史から見ても大変に面白いトピックであり、イギリスとタックスヘイブンの繋がり、イギリス連邦加盟国などの事からひも解いていく事が出来る興味深い項目です。

また、オンラインカジノの運営自体は、本当に各国のオンラインカジノ運営ライセンスにより安全に安心して楽しめるように考えられているという事も認識して頂ければと思います。

オンラインカジノはグローバルに展開をするために様々に考え抜かれていますから、このオンラインカジノの運営ライセンスの構造をご自身でも調べて頂くと、ビジネス脳を鍛える事も出来ますし、またビジネスの構造、資本主義経済の理解、現代のグローバルなお金の流れなど全てを見通す事が出来る面白いトピックです。

あなたも是非、興味を持ってオンラインカジノの運営の構造、オンラインカジノの運営ライセンスの発行国などの事をご自身でも調べてみると大変に得るものが多いのではないかと思います。

オンラインカジノという遊びの事だけではなく、どのようにオンラインカジノがグローバルに運営をされているかという視点で見ていくと今からさらに加速をするグローバル経済の中で生き抜く知恵を身に着ける事が出来るのでオンラインカジノも楽しみ、さらにはビジネスセンスもつくというまさに一石二鳥のトピックです。

 

推薦図書

世界の富の99%を動かす英国王室、その金庫番のユダヤ資本

PANAMA PAPERS パナマ文書

タックスヘイブンの闇

シオンの議定書