オンラインカジノ運営構造 ゲーミングプロバイダー

オンラインカジノサイトの運営と言っても、オンラインカジノ運営者だけで完結をしているものではありません。

まず、オンラインカジノサイトの運営について知っておいて頂かなければならないのは、オンラインカジノサイトの運営者はオンラインカジノサイト内のカジノゲームのプログラムを、オンラインカジノのソフトを開発をしているゲーミングプロバイダーから使用の契約をして、オンラインカジノサイトの運営をしているという事です。

なので、各オンラインカジノサイトがそれぞれ個別の異なるオンラインカジノのゲームを開発をしているわけではないという事です。

例えば、「ジパングカジノ」と「ウィリアムヒルカジノクラブ」というプレイテック系カジノがありますが、この両者はプレイテック社からオンラインカジノのソフトを借りて運営をしていますから、いづれに登録をしてプレイをしても同様のカジノゲームをプレイする事しか出来ません。



オンラインカジノサイトはどのようにで差別化をしているの?

上記に述べたプレイテック系カジノサイトの「ジパングカジノ」、「ウィリアムヒルカジノクラブ」が同様のプレイテック社のカジノゲームしか出来ないという事は、どちらに登録をしてプレイをしていても、ゲーム性は全く変わりません。

では、このようなオンラインカジノサイトはどのように差別化を図っているのでしょうか?

初回入金ボーナス、入金ボーナスイベント、カスタマーサポートの質

オンラインカジノサイトは、それぞれ初回入金ボーナス、各月のイベントのボーナスオファー、カスタマーサポートの親切さなどで差別化を図ってオンラインカジノの運営をしています。

本当に重箱の隅をつつくようなことでしか差別化が出来ていないというイメージになるかもしれませんが、案外とオンラインカジノをプレイしていると、この重箱の隅をつつくかのような差別化が案外と重要なものなのです。

ただ、ゲーム性は同様のプレイテック社のオンラインカジノのソフトを使用しているのであれば、もちろんカジノゲーム自体は変わりは全くありませんから、いづれでプレイをしても全く同様のカジノゲームをプレイする事になります。

 

プレイテック系カジノサイトの初回入金ボーナス一覧→こちら

 

初回入金ボーナス、各ボーナスオファーが最も差別化ポイントというのが現状

現状の同様のオンラインカジノソフトを使用したオンラインカジノサイトの場合の差別化のポイントで最も重要視されており、分かり易いのが初回入金ボーナスの多さがプレイヤーに分かり易いものとなっています。

上記に説明をしてきた「ウィリアムヒルカジノクラブ」と「ジパングカジノ」の例で言えば、ジパングカジノの方が「初回入金ボーナス」、「入金ボーナスのプロモーション」に関してはダントツで上になっています。

特にスロットをプレイをしてジャックポットを狙っているプレイヤーにとってはジパングカジノがウィリアムヒルカジノクラブよりも優れているという評価をされています。

 

プレイテック系カジノサイトの初回入金ボーナス一覧→こちら

 

オンラインカジノサイトの公正公平な運営の実現のための構造

オンラインカジノ 公正公平な運営 オンラインカジノ運営ライセンス

オンラインカジノサイトの公正公平性を担保している最も基礎的なものが、各国政府が発行をするオンラインカジノを合法的に運営をするためのライセンス制度です。

オンラインカジノ運営ライセンスを取得をせずにオンラインカジノを運営をしているのは、悪質サイトと判断をして良いです。

オンラインカジノの運営ライセンスは、オンラインカジノのソフトの開発をするゲーミングプロバイダーも勿論オンラインカジノソフト開発のライセンスを各国で取得をして、そのサービスを提供しています。

このライセンス制度はオンラインカジノサイトの運営者の社会的信頼性、公平な運営を出来る能力があるか、オンラインカジノサイトを運営をするのに充分な資金を持っているか?という事総合的に審査をして発行がなされます。

ただ、オンラインカジノの運営ライセンスには取得難易度があり、オンラインカジノのライセンスを取得をしているだけでは充分ではないという事も勿論ありますので、まずオンラインカジノサイトを選ぶ際には、そのオンラインカジノサイトが本当に信頼性の高いオンラインカジノの運営ライセンスを取得をしているかどうかを判断する必要があります。

 

取得難易度が高く信頼性の高いオンラインカジノの運営ライセンスの発行国

オンラインカジノの運営ライセンスで、特に取得が難しいとされており、プレイヤーにとって信頼性が高く安心して遊べると評価をする事が出来るオンラインカジノライセンスの発行国を下記に紹介します。

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

ライセンス発行開始:2006年

UK公式サイト→こちら

 

ジブラルタル(Gibraltar)

ジブラルタル オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1998年

ジブラルタル公式サイト→こちら

 

 

マルタ(Malta)

オンラインカジノ マルタ ライセンス

ライセンス発行開始:2000年

マルタ公式サイト→こちら

 

マン島(Isle of Man)

マン島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:2001年

マン島公式サイト→こちら

 

 

 

アンティグア(Antigua & Barbuda)

logo

ライセンス発行開始:

アンディグア公式サイト→こちら

オンラインカジノの運営ライセンスの発行を最も早くはじめたのがアンティグアです。

 

 

オルダニー島(Alderney)

オルダニー島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1999年

オルダニー島公式サイト→こちら

 

 

フィリピンファーストカガヤン

ファーストカガヤン オンラインカジノ運営ライセンスファーストカガヤンのライセンスは、信頼性が高いとも低いとも言えません。

アジア圏で展開をするオンラインカジノ運営者はアジア圏の合法的なオンラインカジノの運営にフィリピンファーストカガヤンのオンラインカジノ運営ライセンスを取得をする事が多いです。

ファーストカガヤン公式サイト→こちら

人気オンラインカジノの多くもフィリピンファーストカガヤンで取得をしているオンラインカジノサイトはたくさんあります。

なので、フィリピンファーストカガヤンのオンラインカジノに登録をする際には、そのオンラインカジノサイトの評判なども合わせて調べておくと良いでしょう。

 

上記のオンラインカジノ運営ライセンスは審査基準も厳しく、信頼性の高いオンラインカジノの運営ライセンスとなっています。なかなか取得をする事が難しいライセンスばかりとなっています。

オンラインカジノサイトを監視・監督をする第三者機関の存在

最も影響力のある監視・監督のeCOGRA

eCOGRA イーコグラ

eCOGRAは加入任意団体となっていますが、オンラインカジノ業界の有力企業が監視・監督をし業界の健全化をし、よりオンラインカジノが安心をしてプレイ出来る環境と、オンラインカジノ業界の発展のために発足をさせた財団法人です。

eCOGRAの存在により、安心をしてオンラインカジノをプレイする環境が整った事によって、オンラインカジノは急速に広まったといわれています。

またオンラインカジノ業界の清浄化にも大きな役割を果たしたのがeCOGRAとなっています。

またオンラインカジノ運営者と、ユーザー間で問題があった場合に、eCOGRA加盟サイトでの問題の場合に、eCOGRAに問題解決の手助けを要請する事で平均1週間で問題の解決のために介入をしてくれるようになっています。

 

eCOGRAの公式WEBサイトは→こちら

 

TST (Technical Systems Testing) オンラインカジノソフトのRNGなどの公平性をテストし認証をする機関

オンラインカジノ 検定機関 TST

TSTはオンラインカジノのソフトウェアの公平性をテストをする機関です。

適切なペイアウト率、適切な当たり回数など、RNGシステムが適切に働き、それが公平なゲームをする事が出来るのあかという事をテストをして認証を出す機関です。

そもそも、ラスベガスのスロットマシンのテストなどを行っていました。

現在、TSTはGLIの傘下に入っています。

 

TSTの公式サイトは→こちら

 

このように、オンラインカジノの運営は絶対的な条件としてオンラインカジノの運営ライセンスを基礎として、監視監督の団体の加入をして公正公平な環境をプレイヤーに提供をしています。

 

またオンラインカジノ業界は、一部の不良業者にオンラインカジノ業界の評判が悪くならないように並々なら努力と相互監視のシステムを導入をしてオンラインカジノ業界で競争をしあいながらも、相互により良いオンラインカジノ業界の発展のために協力をしあっています。