オンラインカジノをプレイしていると、タックスヘイブンの国々をよく目にするようになって気になってくる方もいると思います。タックスヘイブンの事については、独自に自分で調べるしか方法がありません。

けれども、オンラインカジノのライセンス発行国から紐解いていくと、案外とすんなりと分かる事もあります。これが知的好奇心を大変に満たしてくれるもので経済的、ビジネス的な分野の事が好きな方には大変に興味深いものです。

でも、全くタックスヘイブンの事を知らない方もいると思いますが、タックスヘイブンの事を調べている人もいると思いますので、タックスヘイブンの基礎的な知識も解説をしていきます。

タックス・ヘイブンの事を知るメリット

  • 世界の経済の動き、資本主義の成り立ちを理解する事が出来る
  • グローバルな資金の流れ方を大まかに理解する事が出来る
  • 経済関連の裏側を予想する事が出来るようになるので金融取引が有利に出来るようになる
  • 資本主義経済の大きな動き、国の本当の優劣関係を深く理解をする事が出来るようになり本当の事が理解出来るようになる
  • ビジネス的観点でよりグローバルな展開をするために何をするべきかのヒントが得られる

タックスヘイブンとは何か?

タックスヘイブンとは、租税回避地の事を言います。もちろん、日本国内に租税回避地なんてものはありません。日本国内の法人、個人は日本国内で得た所得に対しては日本政府からの課税対象となります。

■タックスヘイブン(Tax – haven)
タックス・ヘイヴン(英語: tax haven)とは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことである。低課税地域(ていかぜいちいき)、租税回避地(そぜいかいひち)とも呼ばれる[1]。
フランス語では パラディ・フィスカル(フランス語: paradis fiscal)といい、これは「税の(fiscal)天国/楽園(paradis)」という意である。ドイツ語などでも同様の言い方をする。しかし、英語の「タックスヘイヴン」の haven は「避難所」の意であり、heaven(天国)の意味ではない。

転載元 : Wikipedia タックス・ヘイブン

タックス・ヘイブンに対しての誤解

タックス・ヘイブンに対して近年「パナマ文書」が問題として取り上げられた事によって一時期「脱税」というあたかもタックス・ヘイブンを利用する事が犯罪であるかのような間違った報道ばかりがなされました。

日本の大企業もタックス・ヘイブンに法人を持っており、日本の名だたる大企業の名前が「パナマ文書」から発見されたというのです。

しかしながら、タックス・ヘイブンを利用をする事は犯罪ではありません。法律家、専門家に依頼をして、最も資金高率が良い方法を模索し、工夫をしてお金を残していくやり方をするという事は、。企業は従業員を守るという意味でも重要です。また、大企業でさえも倒産をしてしまう時代です。大企業が業績が良いときに支払った税金が多額であるからと言って、では経営が傾いたときに税金を昔たくさん支払っていたということをもって政府が現金を融通をしてくれるわけではないのです。だから、合法的に現金を残せるのであれば残さなければ経営の安定化を図ることは出来ません。

それによって、多少業績が落ちても従業員が安定をした生活を保つことが出来るという事をよくよく理解をしておくべきであるのは言うまでもありませんが、それをまるで理解を出来ない人が実に多くタックス・ヘイブンに対しての間違った認識と、それを利用をする事は悪であるというような認識は留まることを知りません。

タックス・ヘイブンに法人を持つことは犯罪ではない

タックス・ヘイブンに法人を持ち、その法人が主導したビジネスを展開をしても法律的な問題はありません。タックス・ヘイブンが脱税の温床のような言い方ばかりされていますが、法的に適合をしたやり方をしているわけですから、それを犯罪とは言いません。

タックス・ヘイブンのイメージが非常に良くないものになってしまっているという事は、これは大変におかしい事です。このタックス・ヘイブンに対する偏向報道とエセの社会派・人権派のような人々が弱者という暴力にタックス・ヘイブンを利用している企業を批判・批難する事が正義という風潮もまた社会的な問題であり、これこそが最大の問題であるでしょう。

タックス・ヘイブンを利用して節税スキームを持っていなかったら、会社が倒産していた企業もあるし、もっと大規模にリストラが行なわれより多くの失業者を生む可能性だって否定は出来ないわけです。この大企業の節税スキームとして経営の安定化を図っているということを否定をしたら、もしかしたら自分の首が危ないような従業員の地位の人も実は案外とたくさんいますが、それに気がつかず批判ばかりを展開している人が多いのも問題であるという認識を持つということも重要な事であり、社会経済を知る上で需要な視座になります。

■参考文献

タックス・ヘイブンとしてよく知られる地域

代表的な場所としては、イギリス領ケイマン諸島、バージン諸島といったカリブ海の島国が挙げられる。なお、ケイマン諸島の外国資本企業法人税減免システムは、実は宗主国イギリスであるシティ・オブ・ロンドンの課税システムを「そのまま導入した」ことに由来する

転載元 : Wikipedia タックス・ヘイブン

ケイマン諸島、バージン諸島というのは、案外とよく耳にするかと思います。有名なタックス・ヘイブンの地域はイギリス領であるという事に注目をして頂きたいですね。

タックス・ヘイブンの殆どはイギリス領なのです。イギリスは歴史的に資本主義を紐解いていく上で重要な国です。その国の領である国々がタックス・ヘイブンであるという事実がおもしろいところなのです。

オンラインカジノの優良と言われているオンラインカジノの運営ライセンスの主たる小国もイギリス領であり、またタックスヘイブンです。

オンラインカジノの主な優良ライセンス発行国

イギリスのオンラインカジノライセンスは勿論、最高クラスの信頼性を誇るオンラインカジノの運営ライセンスであり、信頼性の高いものとなっています。オンラインカジノライセンスの最高クラスの信頼性を誇る運営ライセンスのUKライセンスを筆頭として、オンラインカジノの優良な運営ライセンスは、殆どと言ってよいほどイギリス領の小国でありタックス・ヘイブンの地域と重なることが下記で御理解を頂ける事でしょう。

ここに、オンラインカジノとタックス・ヘイブンとの強い繋がりがあるという事も同時に御理解を頂けるかと思います。

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

UK(イギリス) (United Kingdom = the Gambling Commission)

ライセンス発行開始:2006年

UK公式サイト→こちら

本国(首都) ロンドン
君主(女王) エリザベス2世
総督
首相 テリーザ・メイ

UKライセンス取得オンラインカジノ

ロイヤルベガス(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

ジャックポットシティー(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

ジブラルタル(Gibraltar)

ジブラルタル オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1998年

ジブラルタル公式サイト→こちら

本国 イギリス
君主 エリザベス2世
総督 エド・デイヴィス
首相 フェビアン・ピカルド

ジブラルタルライセンス取得オンラインカジノ

当サイト ウィリアムヒルカジノクラブ→こちら

32Redカジノ(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

アンティグア(Antigua & Barbuda)

logo

ライセンス発行開始:1994年 世界初のオンラインカジノ運営ライセンスを発行

アンディグア公式サイト→こちら

 

オンラインカジノの運営ライセンスの発行を最も早くはじめたのがアンティグアです。

当サイト、アンティグアの記事→こちら

本国(首都) セントジョンズ
君主(女王) エリザベス2世
総督 ロドニー・ウィリアムズ
首相 ガストン・ブラウン

マルタ(Malta)

オンラインカジノ マルタ ライセンス

ライセンス発行開始:2000年

マルタ公式サイト→こちら

本国(首都) バレッタ
大統領 マリールイーズ・コレイロ・プレカ
総督
首相 ジョゼフ・ムスカット

マルタライセンス取得のオンラインカジノ

当サイト掲載 ベラジョンカジノ→こちら

インターカジノ(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

カジ旅(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

マン島(Isle of Man)

マン島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:2001年

マン島公式サイト→こちら

 

本国(首都) ダグラス
君主(領主) エリザベス2世
副総統 リチャード・ゴズニー
主席大臣 アラン・ベル

マン島のオンラインカジノ運営ライセンス取得オンラインカジノ

138com(当サイト未掲載)公式サイト→こちら

オルダニー島(Alderney)

オルダニー島 オンラインカジノ運営ライセンス

ライセンス発行開始:1999年

オルダニー島公式サイト→こちら

本国(首都) セント・アン
君主(公爵) エリザベス女王
政府の長 Stuart Trought
立法府 States of Alderney

オンラインカジノの運営ライセンスとタックス・ヘイブンの関係からタックス・ヘイブンを紐解いていく

オンラインカジノの運営ライセンスとタックス・ヘイブンの関係からタックス・ヘイブンの事を紐解いていく事が出来るという事が、ここまでの解説で御理解を頂けたのではないかと思います。

なかなか、実際に何がどのように行なわれているのかという事が分かりづらいので、想像しづらいのですが、オンラインカジノの運営ライセンスの事からであれば、オンラインカジノのプレイヤーであればおぼろげながらも理解をする事が出来るでしょうから、実例として理解をしていく事が出来るかと思います。

だから、タックス・ヘイブンというものの理解や、世界経済の理解、資本主義の理解という事、また国際的な資金のやり取りの学習にオンラインカジノとタックスヘイブンの関わりから考えていくのは非常に知的好奇心を満たしてくれるトピックとして面白いのです。

また、タックス・ヘイブンの利用が良くないというわけではないという事が、この事から分かるということもありますし、また各国の税制上の問題点、タックス・ヘイブンと各国政府が抱える問題点と国際的な取組みなどにまで幅広いトピックに対応をしていく事が出来るようになりますから、知っておいて損はないですし、また興味深く面白いという事が言えます。

タックス・ヘイブンの基礎のまとめ

  • タックス・ヘイブンの利用自体は合法であり適法
  • タックス・ヘイブンの小国はイギリス領が多い
  • オンラインカジノの優良ライセンスの発行国はイギリス領のタックス・ヘイブンの小国が多い
  • タックス・ヘイブンを知る事は経済に強くなる事が出来る